沖縄でメンズ脱毛!男も脱毛する時代

サロンの中
メンズも脱毛する時代
全国区でメンズ脱毛が定着してきました。

とくに沖縄の男性は、ヒゲだけでなく、ウデや足、胸毛など全体的に毛が濃い傾向にあります。従来は、クリニックで行う、医療脱毛が効果的といわれてきましたが、実際に施術してみると医療レーザーは、男性のメラニン色素が濃い影響から、激しい痛みを伴うことが多く、続けられなかったという人も多いようです。
また女性と比べると、エステ経験も少ない人も多いことから、痛みに敏感に反応してまう傾向に。

そんなメンズに、今注目を集めているのが、光脱毛の最新版「SHR脱毛」

最新版脱毛方式のSHR脱毛と、従来の医療レーザーと単発式脱毛(IPL脱毛など)の違いと、毛の濃い男性だからこそ、最適な脱毛法までまとめてみました!

基本的な脱毛の仕組み

男性のヒゲのアップ

蓄熱式脱毛(SHR脱毛)

SHR脱毛は、光脱毛の一種ですが、従来のメラニンだけに反応する脱毛方法とは異なり、ヘモグロビンに反応して脱毛をする効果があります。

毛根の毛細血管(ヘモグロビン)に反応することで、毛包全体があたたまり、「今生えている毛」「今から生えてくる毛」両方に作用するのは、SHR脱毛だけ

痛み

弱い照射熱を連射して、脱毛箇所の毛包(毛の生えている毛穴)全体をあたためる仕組みで、痛みも暖かさを感じる程度。

毛の濃さ関係なく脱毛出来るので、男性には最適な脱毛方法といえます。

医療レーザーと単発式脱毛(IPL脱毛など)

基本的に、医療レーザーと光脱毛の単発式脱毛(IPL脱毛など)は、メラニンに反応して脱毛する仕組みです。そのため成長期後期の、太く丈夫な毛に作用することから、毛周期(毛の生え変わる周期)に合わせて脱毛する必要があります。

痛み

医療レーザー、単発式脱毛法(IPL脱毛など)は、照射熱が強く、メラニンに強く反応するため痛みを感じやすくなります。とくに医療レーザーは、照射パワーが強いためクリニックによっては、皮膚麻酔を行う所も。

女性よりも痛みを強く感じる理由の一つが、男性の方がメラニン色素を、多く含んでいるからといえるでしょう。

ポイント
メラニンとは、基本的に2種類あります。
白人に多い「黄色メラニン(フェオメラニン)」
白く透明な肌を作りだします。紫外線に弱く、浴び過ぎると活性酸素が発生し、皮膚がんのリスクが高くなるメラニン。

アジア人に多い「黒色メラニン(ユーメラニン)」
黒い肌や黒髪を作りだします。紫外線に強いですが、浴び過ぎるとシミという形でお肌に出てきてしまいます。

日本人はこの二つのメラニンを両方含んでいるといわれていますが、沖縄の男性はとくに「黒色メラニン(ユーメラニン)」を多く持っているようです。

脱毛中の注意点について

施術する前後の飲酒や入浴、運動、マッサージは体の熱が重なってしまうため、肌トラブルの原因に。また医療レーザーと単発式脱毛(IPL脱毛など)では、日焼け肌だと施術ができません。とくに夏場や、外回りの営業が多い人は注意が必要です。

また脱毛直後は、肌が紫外線のダメージを直接受けやすく、肌トラブルの元に
面倒ではありますが、施術直後は日焼け止めを塗るようにしましょう!

また脱毛中はとくに、肌が乾燥していると、脱毛効果が薄れてしまいます。
より効果的に脱毛するためにも、肌の保湿をこころがけましょう!
今では、市販でもたくさんのメンズスキンケアが出ています。
自分の肌質に合った、スキンケアを選びましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする